神戸の花屋 Berry Bouquet(ベリーブーケ) > Diary > パリからストラスブール。

Diary

パリからストラスブール。


仕入れと夏休みをかねて、今年もフランスへ。
うだるような日本は一変、長袖が必要な朝晩のパリ。
お世話になっているリベルト家のみなさんが今年も元気で、満面の笑顔で迎えてくれると
あー、パリだ〜と思う瞬間のひとつです。

IMG_7850

奥様のともこさんのディナーは新鮮なたっぷりのサラダとスープ!
これが最高!!
写真はデザートのミラベル。甘酸っぱい梅のフルーツ。これを食べるとまたまた
あーパリだ〜とまた実感。


今回はまず、アルザスへ向かうスケジュール。

IMG_7900

朝早い東駅。
人影もまばらです。

IMG_7906

駅舎にあるピアノ。
少し広くなってる場所に誰でも弾けるピアノがあります。
you tubeでも話題になっていた!!これこれ!
アブドゥジュエという鉄道会社がやっている活動だそう。
日本語で「あなたの出番ですよ」という意味。

と姉が一曲披露。(ヘタです)
すると、後ろから拍手とともに『せぼー!!』お褒めをいただいてました。

IMG_7907

ちなみに駅構内ホームの隣にあるスターバックス。
駅のデザインにあわせてあっていい感じです。

IMG_2947

そして2時間弱でストラスブールに到着。
アルザス地方はドイツとの国境沿いにあります。さすがに少し北なのでひんやり。
ヨーロッパは列車の旅が絶対におすすめです。
わー大陸だなあと実感できます。
窓から見える山の上のお城や、のどかな川・・
ヨーロッパならではです。

IMG_7914

駅舎が素敵で石造りの古い建物が近代的なガラスのドームで
覆われています。
見とれていると、年配のマダムに『素敵でしょ?』と言われました。oui!

IMG_7920

駅から10分ほど歩くとこんな路地があって・・

IMG_7925

世界遺産のプティットフランス。

IMG_7916

お花も楽しめる素晴らしい景色です。
訪れた方たちみんな、「絶対もう一度行きたい!」と言われていたのが納得です。

また、いろいろとご紹介していきますね。