神戸の花屋 Berry Bouquet(ベリーブーケ) > Diary > 続・ストラスブール。

Diary

続・ストラスブール。

お休みをいただいておりましたが、今日から通常どおり営業いたしております。
また、是非遊びにいらしてくださいね。
秋のお花たち、とっても素敵ですよ。

フランス報告、続きます。

スフレンハイムの焼き物。
クグロフ型なども有名です。

IMG_7930

これはこの地域の伝統的な鍋料理「ペッコフ」に使われるお鍋。
ペッコフとは「パン屋さんのかまど」という意味。
パンを焼いたかまどの余熱で作ったんだそう。
いろいろな根野菜やソーセージを入れて、蓋をパン生地で密閉してぐつぐつ。
パン屋さんに近所の人が集まってかまどに入れさせてもらったんだとか。
これうちの!って分かりやすいようにいろんな色や柄があったんでしょうか。
スフレンハイムの陶器のお店。http://www.poterie-alsace-strasbourg.eu

IMG_8031

人気のレストランのプレートも伝統的な焼き物。

IMG_8029

それから、この地域はクリスマスになると盛大なマーケットが開かれることでも有名です。
クリスマス雑貨を年中置いているお店も。

IMG_8030

写真、どうぞ!って言ってくださったのでパチリ。
たくさんかわいいオーナメントがありました。

クリスマスの飾りってやっぱりワクワクしますね〜。


ストラスブールといえばスイーツ好きには有名な『クリスチャン』。

IMG_8026

1階のお店を抜けると階段があって

IMG_8023

大聖堂前の店の2階で食べることができます。
フロア中央にまあるい巨大なショーケースがあって
その中からケーキを選べます。
迷う〜〜〜!!お店の女の子はお客さんの迷い慣れしてる感じで迷いやすかったです。笑

IMG_8024

外からだと、こんな広いサロンがあるってわからないです。

IMG_8022

ここはやっぱりチョコレートケーキ!
数種類のチョコが使ってあるケーキで、やっぱり裏切らない味。
サイズも日本とおなじくらいなのでご安心を。(え、がっかり?)

IMG_8002

フランスの伝統的なお菓子が、昔のデザインのまま作りつずけられているそう。
なので、見た目「??」なのもあります。

IMG_8003

クリスチャンのクグロフ。

IMG_8004

創業当時から使ってらっしゃるようなチョコレートの引き出し。

IMG_8005

フロアにはブーケが飾ってありました。
白いバラ、オーニソガラム。
ぐっと空間が締まる感じがします。
お花ってやっぱりいいなあと再認識しました。

Christian http://www.christian.fr