神戸の花屋 Berry Bouquet(ベリーブーケ) > Diary > シードル街道。

Diary

シードル街道。

IMG_1847

りんごの発酵酒「シードル」。もともとはワインを作りたかったのだそうですが気候が合わず(北のほうなので
涼しくて)りんごでお酒を作るのが盛んになったそう。
今日はそのシードル街道をすこしドライブすることにしました。

IMG_1792

オンフルールから30分、最初に到着したのはカンブルメーという小さな村。
シードル街道の中でも象徴的な生産地として観光客がやってくるそうです。
シードルは2年熟成させるとウイスキーに似たカルバドスと呼ばれるお酒に。
この辺りの県名にちなんで付けられた名前だそうです。

IMG_1795

シードルが楽しめるお店やお土産屋さんが村の中心にいくつか点在していました。
綺麗なアナベル。
小さな村なのにとても素敵なお花やさんがありました。

IMG_1801

雨が降ってきたので教会で雨宿り。
小さな村の教会は村人から愛されているのがとってもよくわかります。
美しくて、空気が澄んでいる感じです。

IMG_1799

教会の周りで見つけた素朴なお花たち。

IMG_1800

ルリタマアザミ。

IMG_1848

少したつと雨が上がったので、次の目的地に出発。
途中、りんごの森の下でお食事中の牛たち。なんだかのんびり、いい風景が広がっています。
最高のドライブが楽しめますよ。

IMG_1841

1時間弱でブーヴロン・アン・オージュに到着しました。
フランスの最も美しい村の一つに選ばれてからは観光客も増えた様ですが
まるで中世の頃にタイムスリップした様な気分になります。
「花の村」とも呼ばれているのにふさわしくお花もいっぱい。

IMG_1840

ノルマンディらしい木組みのお家。
アンティークショップや地元の名産を売るお店が並んでます。

IMG_1814

雨上がりで緑も輝いていました。

IMG_1845

秋色アジサイ。アンティークカラーのお花も古い街並みやレンガやブルーグレーのベンチにまるで合わせて色つけしたよう。

IMG_1839

メニューボードに合わせたバラを咲かせたレストラン。

IMG_1844

絵本の1ページの様な窓辺。日本じゃなかなかこの色は素敵に塗れません。笑

IMG_1843

犬ものんびり。この日は22度。お昼寝には快適ですね。

IMG_1812

路地で見つけたアンティークショップの看板がわり。

IMG_1816

重要文化財に選ばれている歴史ある建物は現在村長さんのおうちだそうです。
見事なミナヅキとアナベルの垣根。

IMG_1826

歩き疲れたので公園で休憩。
ここからもりんごの木が見渡せます。

IMG_1837

ランチタイムには列ができるクレープリー。


IMG_1836

中は広くて涼しい。昔のままの造りのようです。
この村を訪れる観光客は全員ここのクレープを食べてるかも。
ちなみに日本語だけでで「テイクアウトはできません」って書いてありました。
日本人、無理言わない様にしましょう・・笑
でも、この日はアジア人には全く出会いませんでした。

IMG_1846

村の中央には観光案内所があって、シードルの試飲や、周辺の地図などもいただけます。
ほとんどの村が青空駐車OKです。(運転手さんは飲めないので残念ですが)
シードル街道のドライブ、オススメですよ。

http://www.beuvroncambremer.com/infos-pratique-office-tourisme-cambremer